薬剤師の給料
薬剤師の給料は、国家資格を必要とすることもあって割り方初任給から良いものとなります。
基本的には勤続年数が長くなるほどに額は増えていきますが、全国平均で見てみると30代後半がやはり高い給料を得ているようです。
またベースと至る額は勤務始める会社によってことなるようになります。
例えば大企業に勤務する薬剤師はやはり収入が多くなりますし、地方で開業やる調剤薬局で勤務すると、都心と比べると低めにはなります。
勤続年数はすなわち医薬品に関しての知識に結び付くと思えるので、転職市場においてはそこそこ有利と見られています。
二度とその職場によって関わる業務内容がことなるために収入面でも差が出てきます。
例えば調剤薬局でも、自分で開業するとなればそれなりの収入を確保することができますが、勤務するとなると昇給の割合は意外と低めにはなります。
あるいは近年人気の生じるドラッグストアの場合にはまた、随分状況は変わります。
調剤スペースが設けられていない場合には市販薬やサプリメントに関する明るい知識を必要とされるようになり、また接客を行うことになります。
処方箋を繰り出すのとは異なり、お客の症状を聞いた上でどの薬が適するのかを判断することを求められることになります。
またずっと発売達する新薬に関しても終始情報を覚えることが必要となる。
そして多くの場合、店舗運営に関しての業務が加わることになります。
商品の仕入れから在庫管理、売り上げ管理など極めて多くの作業が求められることになるために、やり甲斐を欲する人にとっては理想とも言える場所となります。
当然その分、給料も調剤薬局よりは全然高くなるケースも見られます。
ひいては店長ともなれば責任者として求められる責務も増えますが、収入面においては十分に満足行えるものと陥る場合が多くなります。
再び薬剤師からの転職として人気が大きいのがMRだ。
いわゆる薬を病院などに売りこむわけですが、そのセールス的な業務内容から給料の面に関してはいとも高い額も期待できるようになります。
無論成果に応じて収入は変わりますし、薬剤師として勤務していたような安定性は望めなくなります。
そして転職したての頃は全然収入も収まることになるので、数年はそれに踏ん張れる状況であることが必要となります。
このように薬剤師においては、どんな会社に勤務始めるのかによって給料の額は大きく異なるものとなります。
あとはライフプランに応じて自分に適すると窺える職場を選ぶことが必要となります。