薬剤師の仕事とは多種多様
薬の専門家としての職業に薬剤師があります。
6年制の薬学部を卒業し、国家資格に合格した者が薬剤師として仕事をする事が出来ます。
薬学の知識を使いこなす職種は多くありますが、ひときわ人気が大きい職種は病院での勤務、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあります。
薬剤師としての仕事は薬学を使いこなすという点は同じですが、職種によって仕事内容は多種多様だ。
病院での勤務の場合には院外処方が多い中、主に入院患者に対しての薬の調合、患者への投薬への説明等がメインだ。
その他には注射薬や点滴の在庫管理、品質管理や入院患者さんに対して投与量や投与方法を医師に助言やる等、薬学の知識の幅をフルに活かした業務が出来ます。
ただし、大学卒では薬学の知識が足らずに大学院へ進学して研修員として無給で大学病院などで経験を積み込む人も多くいますが、かといって就職の保証も薄い点が病院での勤務の難しさだ。
一方で薬剤師としての活躍の場に院外処方によって調剤薬局やドラッグストアでの勤務が増えてきました。
主に処方箋を見て調合し、患者さんに薬の説明をする事がメインとなりますが、薬の在庫管理や品質管理もし、一店舗の責任者としての立場が強いだ。
他の特徴として市販の薬を扱うという点では日々薬学の進歩で新製品の登場で毎日が勉強の日々だ。
勤務先によっては新薬の研修会などもあり、知識を積み込む上で大切な勉強の場を設けている所もあります。
処方箋を欠ける体調不良を訴えたお客様に対して症状を聞き出し、見合う薬を提供始めるという点では責任感の生じる業務でもあります。
接客要素が硬い調剤薬局やドラッグストアでは接客によってお客様や患者様が他の店舗へ利用を乗りかえる事も大いにあり、接遇面での能力も必要とされます。
調合の仕事メインでは弱い仕事に製薬会社での勤務も活躍が期待できます。
研究職として配属陥る場合には新薬の開発や研究に酔いしれる日々ですし、営業職であれば、薬学の知識を活かして得意先に薬の営業を決める。
化粧品メーカーでは医薬品の扱いの分類も多い為、化粧品のメーカーで研究職として動く人もある。
多くの場で活躍が期待され、高収入としてもばれる薬剤師ですが、転職率も厳しい事で知られています。
給与の頭打ちが速い世界でもあり、初任給は高いけども長年勤めると昇給も僅か点が不満に居残る事が多いです。
転職という方法で早く収入を褒めちぎる事は可能ですが、一つの場所で長く勤める事も薬学知識を積み込む上で大切だ。