ブランクがあっても薬剤師は転職が有利
理系で化学系の大学への進学を考えていらっしゃる方は、薬学部も進路の一つとして検討浴びることをおすすめ行う。
ご存じのように、薬学部を卒業し、国家資格に合格すると薬剤師の資格が得られます。
また、こういう資格は、例えば危険物取扱主任者や毒劇物取扱主任者、技術士などのように、いったん就職した後、在職しながら勉強して取得できる資格ではありません。
必ず、大学の薬学部を卒業していないと、取得できない資格となります。
また、ひとたび取得すると一生ものの資格となります。
ですので、理系の化学系の大学への進学を考えて来る方は、薬学部も進学先の候補として検討浴びることを、あらためておすすめ行う。
薬剤師は、就職するのにも転職するのにも大変有利な資格となります。
薬学部を卒業していたら、新卒採用時に、製薬メーカーなどの研究開発部門にするのが大変有利となります。
大手の製薬メーカーの基礎研究開発部門ともなれば、ほとんどが薬学部出身者であるといえるでしょう。
また、薬剤師の資格があれば、仮にブランクがあったとしても、製薬メーカー以外の化学系の製造メーカー、例えば、医療機器の製造メーカー、医薬部外品の製造メーカー、化粧品の製造メーカー等への転職が大変有利となります。
なぜなら、こういった医療機器、医薬部外品、化粧品を製造販売狙う場合は、きっちり「総括製造販売責任者」の設置が義務付けられています。
これは法律で定められていることなので、医療機器、医薬部外品、化粧品を製造販売狙う場合は、必ず、こういう「総括製造販売責任者」が居なければならないのです。こういう「総括製造販売責任者」の資格要件の一つが薬剤師となっています。
ですので、薬学部出身者は、こういった医療機器、医薬部外品、化粧品を製造販売狙う企業から大変重宝されるのです。
また、薬剤師の魅力は、ブランクがあっても再就職しやすいということだ。
大手の製薬メーカーなどに新卒で入社後、妊娠・出産を機に退職し、子育てにひと段落がついて再就職狙う場合、ブランクがありますが、たいして求人が数多く存在行う。
先にも述べたような医療機器、医薬部外品、化粧品を製造販売するメーカーの総括製造販売責任者としての求人もやはりありますし、調剤薬局や、ドラッグストアでも大変重宝浴びる人材となります。
このように、ブランクがあっても転職や再就職が有利と陥る資格を受け取れる薬学部は、進路先として大変魅力的な学部といえるでしょう。