a0001_015477
病院薬剤師とは、入院やる患者さんへの薬の呑み方を指導したり、薬を調合したり、注射薬を準備したりする。
薬剤師の数は医療法によってベッド数や入院患者さんの数によって決まっていますので、その規定に沿って配置してあります。
全国的に薬剤師は不足しており、、何より地方に行けば行くほど明確だ。
病院の中は、入院患者さんがいますので、24時間年中無休で終始医師や看護師がいて、薬剤師も夜勤や当直があったりします。
救急患者がいえば、その対応に追われます。
ですから休み(日曜や祝日、年末年始)は薬をつくったりして1人いないといけませんので、休みは交代して融通を働かせながら取っている。
病院の規模が大きいほど、薬剤師の人数も多いですので、休日に2人や3人は当たり前といったところもあります。
病院の仕事は肉体的にも精神的もかっこうハードですので、休日を効率ぐっすり作る必要があります。
また病院は女性が多いですので、出産や結婚で一時的に不在というこもあります。
その休みの期間がどれくらいになるかによって他の職員へ仕事の皺寄せがきますので、管理者はそのへんを考慮しながら人数配置と他の職員の休みの奪い取り方をかしこく計画する。
有給休暇という制度もありますが、何となく取れていないのが現状だ。
法の施行で有給休暇の取得率を高めるよになっていますので、今後は有給休暇をとりやくなるかもしれません。
有給休暇を利用して研究会や学会に参加するのもあります。会社によっては一部あるいは全額負担がありますので、その制度を利用しながら切磋琢磨することもいいです。
仕事場といった一か所に限ること無く、大きい視野を持つことでいろいろな知識を得ることができて、患者さんらに情報提供できるのです。
また自分自身への自信にもつながります。
学会に研究内容を発表することで学位を修得浴びる方もいる。
このようにいろいろな活用方法がありまので、ぜひとも考えることもあります。
自分の体を休めたり、趣味に没頭したり、家族で旅行をしたりなどといったことがあるでしょう。
人それぞえですので、おしなべて言えません。
自分がいかなる環境に置かれて仕事をしているのか、自分がいかなる役柄なのか、今後は仕事をどのように進めていくべきか、学位を修得するのか、転職して自分の能力をもっと発揮浴びるのか、将来性は、などといったことを考えて、前に進んでいきましょう。
休みの奪い取り方というのはそれらがすべてかかわっている。