kyujin07一般的に、薬剤師というと調剤薬局や
ドラッグストアで勤めるというイメージが激しいだ。
しかし、病院に勤務やる
薬剤師
もいらっしゃる。
調剤薬局やドラッグストアでの経験を活かして、
病院に転職する薬剤師も少なくありません。
薬剤師が転職活動をする際は、
どういう場で仕事を目指すのか、
明確に決めておくことが大切だ。

自分の希望が定まっていない状態では、
どの求人に応募するべきかを
設けることが難しくなってしまう。
医療業界の現場においては、医師や看護師が
重要な役割を担っているのですが、薬に関わる
薬剤師のこなす役割も、徐々に大きくなってきていらっしゃる。
調剤薬局・ドラッグストア・病院のどこで勤務するにしても、
大きいスキルと知識を身に塗りつけることが必要だ。
どれほど際立つ効果を持つ薬でも、
適切な処方・服用が行われていなければ、
その効果を受け取ることはできません。
薬剤師は、患者に対して丁寧に薬の効果や
副作用を説明
していく必要があります。
病院薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアに
勤務やる薬剤師とことなる業務に従事することがあります。
医師・看護師・管理栄養士といった専門家と
協力しながら、最善の治療を行うために
打ち込むことも多いです。
殊に、緩和ケア・感染管理などの分野においては、
薬剤師がこなす役割が大きくなります。
また、入院やる患者や家族と面談をやり、
薬の呑み併せ・アレルギーの確認も行います。
病院薬剤師に転職目指す場合は、
病院薬剤師の特徴を十分に理解しておかなければなりません。