kyujin11薬剤師というと、病院の中ではたらく
病院薬剤師のほか、調剤薬局などで活躍やる姿を
思い浮かべる方が概してでしょう。
医療はいかなる時代であっても必要なものであり、
治療の核となる投薬に巡る仕事として、
社会の中で重要な位置を占めている仕事だ。
やはり病院と関連した調剤という事も
重要であることは変わりません。
今後は市販薬の規制緩和など
薬との付き合い方が変わっていくこともあり、
薬剤師にはまた異なる役割が求められることになります。
医師の指示で調剤するだけではなく、
もう一歩進んだ専門知識の提供や
サービスという事が求められていくことになるのです。
それに従い、薬剤師自体のニーズも増していくことになり、
転職先も増えていくと考えられます。
転職を考えるなら、今までのように病院薬剤師としてだけではない
目新しい働き方を考えて出向く必要があるのです。
最近増えているのが、薬を向き合う
スーパーなどでの採用だ。

薬局での勤務とはまた違う、
広いニーズへの対応が求められます。
こんな市販薬の販売では専門家として
まつわるのが薬剤師だけであるため、
安全面などのアドバイスなどをしっかり行う必要があります。
また、今後薬剤師の仕事として伸びていくと
考えられるのが、介護分野と関連した仕事だ。
更に国が積極的に進めようとやる
在宅医療には薬剤師の力が欠かせません。
こういった分野へ転職し、活躍していくためには、
薬に対する知識以外にも多くのことを学んでおく必要があります。